バスと電車を上手に乗り継ぐ

マイカーを持っていなくても、バスと電車を交互に乗り継ぎすれば、全国の各地で壮大な旅をすることも可能です。山里では様々な植物や昔ながらの街並みを眺め、都会では高層ビルの景色も同時に楽しめるのが魅力です。便利な構造のバスを十分に使いこなすためには、路線図についても把握しておくと便利です。計画しないで旅をするのも醍醐味ですが、後続の車両が来なくて途方に暮れる場合も考えられます。電車に関しても、路線図や鉄道会社の特徴を知っていると、どこの観光地に行っても臨機応変に対応できます。結果的には、何度も乗り継ぎをするうちに、地図や地形にも詳しくなります。

バスと電車の乗り継ぎについて

バスと電車を乗り継ぐ場合、運営している会社が同じであれば乗り継ぎ割り引きを適用している場合があります。これは例えば、電車のほうの運賃はそのままで変わらないけれども、バスのほうの運賃は通常の半額になるといったものです。もちろん、本当に乗り継ぎなのかどうかが分からないのでは割引になりようがありませんが、このような割引が適用されている場合、券売機や車内などのその旨の表示があり、ボタンを押すことや運転手に申し出ることで、乗り継ぐ先の運賃を先払いすることを条件として、割引が適用されるケースが多いようです。

↑PAGE TOP