長距離移動でのバスと電車の違い

電車とバスはどちらも身近な交通手段ですが、長距離移動においてはどのような違いに着目すべきでしょうか。まず時刻の正確さで言えば、渋滞の起きない前者の方が秀でているでしょう。ただし鉄道事故が起きると最悪の場合運休です。また前者は線路の上しか走れませんが、後者なら鉄道駅から離れた目的地にも直行できます。更に最近の長距離バスはシートの安楽さや配置に気を遣ったものが増え、より快適な時間を過ごせるようになっています。そして良いグレードのシートを選択しても、大抵の場合は鉄道よりも安価で移動することができるのです。

電車とバスの用語は語源に違いも

バスはラテン語に由来する用語ですが、電車については明確に日本語と呼べるものです。あまりにも一般的なものですから、気動車であっても区別せずに電気で走っていると勘違いすることもあるほどです。ラテン語のオムニバスは、発音が英語式に変わっていますが、全てを意味する単語の変化形となるものです。全ての人が利用できる乗り物としての意味があり、現在では公共交通機関を支える原動力になっています。ラテン語からの由来を知っている人は稀であっても、現代社会では欠かせない乗り物になっているのですから、子供の時代から興味を抱くことも健全です。

↑PAGE TOP